スマホゲームアプリなどのゲームライフを発信するブログ

こーせのゲームライフ

モンスターハンター

「異次元判定」とは?意味や使い方を解説|モンハン用語

更新日:

「異次元判定」とは?意味や使い方を解説

異次元判定

「異次元判定」皆さんは聞いたことがあるでしょうか??

これは人気ゲームモンスターハンターから生まれた言葉で数々のハンターのストレス発生の原因でもあります

今回はそんな異次元判定についての意味や使い方を解説していきます

異次元判定の意味を解説

異次元判定とは、明らかに当たっていない場合にもダメージを食らってしまう現象のことを言います。

有名なのが、ガノトトスというモンスターで、タックルをガードしようとすると何故か後ろから攻撃を受けてダメージを負ってしまうことがよく見られました。

そのため亜空間タックルなどと呼ばれることもあります。

その多くはゲームの当たり判定が未熟であったために、起こる現象でありシリーズが続くにつれて減っていきました。

しかしそれでも、上に挙げたガノトトスと同じ骨格の、ドスガレオスやヴォルガノスといったモンスターを中心に根強く残っていました。それによって多くのプレイヤーが苦しめられてきたのです。

最新作のモンスターハンターワールドでは、ベータ版では、アンジャナフというモンスターなどで、いくらか見られたようですが、製品版では、それもなくなったようです。

ゲームの進化とともにこういった要素は、過去のものとなっていくと思われます。

 

異次元判定の使い方を解説

モンスターの攻撃に対して、明らかに当たっていないにも関わらず、ダメージを食らってしまう現象に対して使います。

攻撃範囲が広いモンスターも多数いるため、そういった攻撃を避けられなかっただけの場合に使うと恥ずかしい思いをしてしまうので注意が必要です。

攻撃来た!回避

えっくらったんだけど

このモンスター異次元判定あるから

もっと早めに回避しないと駄目だよ

ガノトトスのタックルおかしい

異次元判定すぎる

-モンスターハンター
-

Copyright© こーせのゲームライフ , 2019 All Rights Reserved.