スマホゲームアプリなどのゲームライフを発信するブログ

こーせのゲームライフ

モンスターハンター

「拡散祭り」とは?意味や使い方を解説|モンハン用語

更新日:

「拡散祭り」とは?意味や使い方を解説

拡散祭り

「拡散祭り」皆さんは聞いたことがあるでしょうか??

普通の拡散祭りを連想すると何かをばら撒いたり広めたりするイメージは浮かびますね

モンスターハンターで拡散祭りといえば・・・

今回はそんな拡散祭りについて意味や使い方を解説していきます

拡散祭りの意味を解説

拡散祭りの意味はモンスターハンターの世界ではライトボウガンなどで拡散弾を多量に使用して相手のモンスターを狩る際の戦法です。

主に図体が大きく、動きが鈍いモンスターに対し行う戦法でモンスターハンターの世界でこの戦法が始めて登場したのは、初代モンスターハンターからです。

当時は「拡散祭りは強い」とネットの情報では話題でしたが難点も多く、弾切れを起こすと何も出来なくなる上、大勢のガンナーで編成したとしても弾代や弾の調合に時間を費やさなければならないなどメリットよりもデメリットが目立つ戦法でした。

近年では多数のモンスターハンターシリーズが登場し調合や調合をせずとも弾の入手が容易になったため、拡散祭りは一見増えそうな感じですがモンスター自体の装甲が柔らかくなったため、わざわざ拡散弾を利用して攻撃してモンスターを倒し素材を集める機会も減ったため現在では廃れた戦法になりました。

と言うもの現在、オンラインでゲームをプレイするに当たり、モンスターの動きや硬さが調整されるためどの武器を使用してもそん色ないように調整されているため昔のオンラインで大幅にゲームの調整が出来ないモンスターハンターのゲーム以外はこの戦法は使うことはなくなりました

とはいえ拡散団はモンスターの肉質に関係なくダメージが入るので部位破壊の補助にもなるので強い事には変わりはないです

拡散祭りの使い方を解説

ガンナーでひたすら拡散弾を撃ち素材を集める戦法なんですが、近年のモンスターハンターの世界では運営の調整によりどの武器も使い勝手が良くなるように調整をされているためあまり見かけることがなくなった戦法です。

撃つより殴ったほうが早いとか殴るより打つほうが早いとか運営次第で何とでもなる世界のため、無理をして拡散弾を大量に所有してまで材料集めをする必要もなくなったという現実があります。

あのモンスター固いよね~

拡散弾ぶっぱしますか??

いいねぇ~

拡散祭りじゃ~

-モンスターハンター
-

Copyright© こーせのゲームライフ , 2019 All Rights Reserved.