スマホゲームアプリなどのゲームライフを発信するブログ

こーせのゲームライフ

ゲームにおける「ラグ」とは?意味や使い方を解説!

更新日:

ラグ

ラグという言葉を聞いたことあるでしょうか??

バグと似たような雰囲気の用語ですね

ゲームにおいてラグは勝敗を大きく左右する現象なので出来れば発生してほしくないことです

今回はそんなラグについて意味や使い方を解説していきます

ラグの意味を解説

ラグとは、通信遅延を指す言葉です

ゲーム内用語というよりは、IT用語と位置づけるのが正しいでしょう。一般的には応答時間が長い、などと言う場合もあります。

ゲームでは

  • 操作をしてからキャラクターが動くまで遅延がある
  • カーソルが動くまでが遅い
  • 周りのキャラクターが上手く表示されない
  • 急にワープしている様に見える
  • 敵の攻撃を避けたはずなのに当たってしまった

などという場合にラグを感じます

原因は様々ですが、ひとつにはゲームサーバー側の問題があり、アクセス数に見合わない強度のサーバーであればそれだけ混み合って遅延が発生しやすくなります。

もうひとつはプレイヤー環境の問題で、マシンパワーの問題であったり、PCゲームならセキュリティやマルチタスク、排熱によって処理速度が低下すると起こりやすくなります。

また、オンラインゲームであれば回線速度も大きな原因のひとつで、夜中に急にラグが酷くなる場合にはプロバイダの混雑などが原因となっていることもあります。

ゲームではあえてラグを発生させて自分が有利になるように通信コントロールをする害悪プレイヤーも存在します
どうやってるのかは不明ですが、チーター行為と変わらないので辞めましょう

 

ラグの使い方

ラグが酷い、という時には「ラグい」と言うことが多くあります。

ラグくて動けなかった、敵が見えなかった、俺の画面では避けてた、など。

えっなんか敵が瞬間移動した
ラグがひどくて攻撃が当たらないよ~

 

 

  • B!