スマホゲームアプリなどのゲームライフを発信するブログ

こーせのゲームライフ

ゲームにおける「ヘッショ」とは?意味や使い方を解説!

更新日:

ヘッショ

ヘッショという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

短くしすぎて何のことだかわからない方も多いかと思いますが、これは主にシューティンゲームで使われる言葉です

今回はそんなヘッショについて意味や使い方を解説していきます

ヘッショの意味を解説

ヘッドショットを略した用語です。

FPSTPSといったガンアクションゲームに用いられることが多く、これらに出現する敵ないしPvPであればプレイヤーの弱点が頭部に設定されていることが多いため、ヘッドショットを狙って弾数を節約するゲームが大多数です。

しかし頭部は往々にして的が小さいため、プレイヤーの技術が要求されるだけでなく、ゲームによっては照準ブレをなくすなど武器に加工を施すことでヘッドショットを狙いやすくする必要があります。

言葉を分割した際に「ヘッド」と「ショット」の響きが似ていることが略す由来に大きく繋がったと考えられますが、FPSやTPSでは一瞬の判断を求められることが多く、またプレイヤーと協力プレイをしている間も悠長に話していられなくなる場面が多いため、この様な略語が生まれやすいといった背景があります。

また、近年のゲーム実況ブームもより語感によって略語を広めるひとつの理由となったと言えるでしょう。

 

ヘッショの使い方

ヘッショは本来頭部への弱点ヒット、クリティカルヒットを指す言葉でありながら、時折頭部以外の弱点ヒットにも用いられることがあります。

「ヘッショ狙って弾節約していかないとこの先は厳しい」などと使ったとしても、それは「この先の敵の弱点が足や胸である可能性もあるがとにかく弱点を的確に狙っていく」という意味合いであり、決してがむしゃらに頭を狙うという意味ではありません。

PUBGなどバトロワでの会話例

ヘッショ入ったからあいつは瀕死!詰めよう
うわ~karでヘッショ入れたのに倒せなかったあいつ3ヘルしてたかー
  • B!