スマホゲームアプリなどのゲームライフを発信するブログ

こーせのゲームライフ

ゲームにおける「バフ」とは?意味や使い方を解説!エンチャントとの違いはあるの??

更新日:

ゲームにおけるバフ

最近のゲームではバフをかける

とか

攻撃バフ

などやたらと「バフ」という言葉を使うゲームが増えていますね

今回はそんな「バフ」という言葉について意味や使い方を解説していきます

ゲームにバフの意味

ゲームにおけるバフとは、強化をするという意味です

  • 攻撃バフ=攻撃アップ
  • 防御バフ=防御アップ

バフは主に本体を強化する際に使ったりすることが多く、似たような用語でエンチャントという言葉がありますが

エンチャント武器や防具を強化したり属性を付与したりする効果として使われることが多いです

なぜ強化することをバフというのかですが、色々諸説はありますが

  • 英語の意味としてbuff→~を磨く
  • 磨く=強化する

という意味合いでバフが強化するという使い方がされるようになったと言われています

 

 

また「デバフ」という言葉がありますがこれはバフとは反対で弱体化させるという意味があります

 

 

 

ゲームでのバフの使い方

自身に攻撃バフをかけて攻撃力を上げる

敵にデバフをかけて魔法防御力を下げる

 

などなどバフは強化や弱体化の技として使われます

 

ちなみにゲームにおいてこういったバフをめんどくさがる人がいますが、こまめなバフやデバフは戦闘において非常に有利に働くので使い方をマスターすることが非常に有効です

ゲームできない人ほどこういったバフを使わない傾向がある

 

まとめゲームにおけるバフとは

  • 自身または仲間のステータスを強化する
  • 敵のステータスを下げるのはデバフ
  • エンチャントと意味合いは同じ
  • バフは戦闘において非常に有効(ゲームによる)
今がチャンス攻撃バフかけて攻めよう
敵に魔法耐性のデバフかけるね
  • B!