スマホゲームアプリなどのゲームライフを発信するブログ

こーせのゲームライフ

ゲームでの「ガー不(がーふ)」とは?意味や使い方を解説!

更新日:

ガー不

ゲーム実況などを見ているとガー不(ガーフ)という言葉を聞いたことがあるかと思いますが

文字にして「ガー不」と書いてあれば何となく意味が理解できそうですよね

今回はそんなガーフについて意味や使い方を解説していきます

「ガー不」の意味を解説

ガー不とは、「ガード不能」の略語です。

ゲームの仕様上絶対にガードができない攻撃や、理論上はガードできるが人間の反応速度では実質ガード不可能な攻撃を指します。

格闘ゲームでは投げ技がガー不攻撃となっていることが多いです。RPGなどでも、盾によるガードを貫通する攻撃などはガー不です。

また、特定のタイミングで特定の攻撃を繰り出すことでガー不攻撃となる場合もあります。

これは「ガー不コンボ」などと呼ばれます。

格闘ゲームやアクションゲームなどで、ダウンした相手が起き上がり際に無防備になる瞬間に合わせて攻撃することを「起き攻め」などと呼びますが、起き攻めは代表的なガー不コンボといえます。

格闘ゲームなどで強力なガー不コンボが発見されると、瞬く間に多くのプレイヤーに使用されます。

その分マナーの悪い使用者も目立ってしまうため、一部上級者の間では、マナー違反とはいかないまでも「邪道」と言われてしまうことがあります。

 

ガー不の使い方

RPGなどでボスがガー不攻撃を使ってくる場合などに

「あのボスはガー不攻撃使ってくるから回避重視でいこう」

などと言われたりします。

この武器はガー不だから敵からしたら厄介だね
やばい!あの攻撃はガー不だ
  • B!