スマホゲームアプリなどのゲームライフを発信するブログ

こーせのゲームライフ

ゲームにおける「エンカウント」とは?意味や使い方を解説!

更新日:

エンカウント

エンカウント聞いたことあるでしょうか??

ゲームでは当たり前に使う言葉ですが、最近では日常生活でも「エンカウントした」と使う若者も増えています

今回はそんなエンカウントについて意味や使い方を解説していきます

エンカウントの意味を解説

ゲーム内での意味は、敵と遭遇するという意味でエンカウントという言葉を使います

RPGでは歩いている(ダンジョンなどを捜索)と急にモンスターや敵が出てきて戦闘シーンに切り替わり戦いが始まることをランダムエンカウントと言ったりします

 

戦闘シーンと移動シーンが分かれていないスマフォゲームのようなものでもモンスターや敵が出てくることをエンカウントと呼ぶこともあります。いずれにせよRPG(ロールプレイングゲーム)の中で使われることの多いゲーム言葉といえます。

エンカウントとは、もともと英語には存在しない単語です。似たような単語に「遭遇」、「出会う」、「出くわす」の意味を持つエンカウンター【encounter】がある。

この単語から生れた日本のゲーム用語ではないかと考えられています。

辞書などには載っていない事から完全なゲームの中で生まれた言葉です。

また、ゲーム言葉が浸透してきたのか、人やキャラクターにあったことを「エンカウントした」と表現する人も見られるようになりました。

 

 

エンカウントの使い方

ゲーム内で敵やモンスターに遭遇することが多いゲームには「エンカウント率高すぎ」(略称「エンカ率」)と言ったりします。

日常生活で使うパターン

嫌いな上司があらわれた際に

うわぁ~エンカウントした
あそこに行くのはエンカ率が高いから注意したほうがいいよ
  • B!