学士試験も終わってもうすぐ冬休み!

PPW_notenikakikomu500

こんばんは!KOSEN’sです!

先日の学士試験お疲れ様でした!
あれだけの高専生が一同に集まることはないと思います。

来年学士試験を受ける方のために、どうった雰囲気で行われるのか少し紹介します。

学士試験

学士試験は午前と午後にわけて行われます。東京では独立行政法人 大学評価・学位授与機構で行われました。
近くには一橋大学があります。駅からは徒歩10分程で、近くにはマクドナルドがありました。
なのでバスなどで朝早く到着された方はそちらで朝マックしていましたね。
自分の友達もしていました。

中に入ると、何個かの教室に分けられます。
見たところだと機械系、電気系、建築系、情報系、化学系と分けているようでした。

教室に入ると基本的に飲食は禁止です。
そこでは携帯・タブレットなどの電子機器はNGです。つけていると係の人に注意されます。
なので、勉強するものはタブレットにデータとしていれるのではなく、紙媒体にして持っていくことを
お勧めします。

注意事項の説明があり、開始時刻前10分は何もすることができません(勉強や携帯チェック)。
神経集中もしくは周りの人と話すこともいいかもしれません。
その状況に応じて行動しましょう。
周りの人が同じ学校の学生が多い場合と、他の高専の人が集まっている場合があります。
どちらにしても緊張せず、臨みましょう。

そこからは90分あります。2枚の解答用紙・1枚の問題用紙が配布され、開始と同時に
その問題を見てテストが始まります。

シャープペンシルなどで書く練習をしていた方がいいかもしれませんね。
人によって問題数は違うみたいです。自分は9問でしたが、他の人は2問であったりバラバラでした。

こういったかたちで学士試験が行われます。
結果は2・3月?ぐらいに届きます。
早く来てくれることを待ちわびていますw

またKOSEN’sこうさくこんてすとのプロダクト紹介まであと二日です!
あなたがたのクリックで優秀賞が決まります!
是非高専生の素晴らしい技術力をご覧下さい。
送られてきたプロダクトを見たとき本当に感動しました。
(昨日も書いたかもしれませんがw)
乞うご期待!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>