高専生の繋がり

ーー高専出身と言うことが実際に開発されている中で活かされた部分ってありますか?

まずメンバーが高専出身で集まっているので、他に多くの高専生が参画してくれたり、高専の繋がりで、技術力がある高専生が入ってきてくれたのが大きいです。中には、高専から大手企業に就職したにもかかわらず、Fullerに参画してくれた方もいたので、高専の繋がりって大きいなと感じました。
例えば、久々にあった中学校の同窓会とかって盛り上がるじゃないですか。それと似ていて、高専というコミュニティってなぜか盛り上がるんですよ! しかもそんな盛り上がれるコミュニティが全国にあるわけですよ。いわば、同窓生が1000人もいるみたいな(笑)
 起業の一般論として、アイデアがあっても、資金が集まりづらいこと、成功率が低いことなどがありますよね。けれど高専生はとりあえず作ってみる、開発するといったところまでの障壁が低いじゃないですか。それってすごいことですよね。しかし一方で、高専生は経営の部分であったり、企画の部分の知識が圧倒的に足りないし、学校で学ぶこともできないので少しもったいないかなとおもうんですよ。高専生にそれらの知識が加われば、卒業生の進路として、起業という選択が増えると思います。

かいはつげんば

私の持論としては、高専生は色んな人と組んだ方がいいということです。
様々なバックグラウンドを持つ人と一緒に何かを行うということは、様々な意見や価値観を得られるので、新たな知見となるはずですよ。
もちろん、誰かを巻き込むためには色んな方と知り合いになることが必要ですよね。だからこそ、自分が魅力的になる必要がありますよね。

ーー自分が魅力的になる…難しそうですが頑張りがいはありそうです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>