1.自分の決断の軸を考える!

就職活動の時に皆さんするのが「自己分析」ですよね。

「5分で出来る自己分析」「血液型から算出する自己分析」etc…

色々自己分析の方法はありますよね。「自己分析のしかた!」といった本もあると思います。

色々ある自己分析の方法の中でも自分がオススメするのは、本を買うことでもWebですることでもありません。

紙一枚と鉛筆一本で作る

「自分年表」

です。

PPW_notenikakikomu500

中学生のとき歴史の年表とか見たことありませんか?

その年表の自分バージョンを作ってみることです。

作り方を紹介していきます。

1.今まで自分がしてきた決断を思い出せる時から洗い出す

幼稚園の時から、もしくは小学校の時からの自分でした決断を全て洗い出します。

例えば

  • 野球を始めたきっかけは、プロ野球選手がかっこよかったから
  • ピアノが弾けたらかっこいいと思ったから始めた
  • スキー/スノーボードうまい人かっこいい!練習したいと思ってスキーを買った!
  • デザイナー/プログラマーってかっこいい!こんな人になりたいと思って高専に入った

など些細な決断から大きな決断までを洗い出します。
これを年表にします。

2.決断した時のモチベーション、行動している時のモチベーションを書き出す

決断すればそれに行動が伴ってきます。そこで自分がどんな時にモチベーションがあがっているのかモチベーションが下がっているのかを考えてみます。

自分の場合は

  • 中学校の時の生徒会はモチベーションめっちゃあがった!あの時は毎日楽しかった!
  • 自分のやりたいことできているときめっちゃモチベーションあがった!
  • 部活で結果がでないとき、自分に甘えてるときモチベーションさがった
  • 告白してふられたときモチベーションさがった…(当たり前w)

などなどw
人によって色々あります。
それを書き込んでみてください。

3.その2つの結果から自分が何を基準にして決断しているのかモチベーションが変化しているのかを見いだす

2つのフローをしてきたわけですが、実はこれには理由がありました。
この2つには実は共通点があります。

自分は決断時に、行動時に何を基準にしているのか。

です。

実は僕の例にもしっかりと基準があります。すごい不純な動機ですが、僕は

「自分がそれをやっていてかっこいいと思うもの!」

という基準を持っています。

あなたにもそういった基準があるはずです。その基準が仕事を決める上でも一つの基準となるのではないでしょうか。


まだまだ間に合うと思っていて本当に大丈夫?高専生の就職活動」への4件のフィードバック

  1. そろそろ就職について考えないといけないと思っていたので、参考になりました!^^

    1. KOSEN’sの今若です。
      コメントありがとうございます(^^♪
      参考になったとのご意見ありがとうございます。
      これからもみなさんの参考になるような記事を書いていこうと
      思うのでよろしくお願いします!

  2. ピンバック: 就活解禁 | KOSEN's

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>