高専プロコン!第1弾「ワクワクするプロダクト!」

こんばんはKOSEN’s阿部です。高専プロコンが終わり約一週間が経ちました。皆さんいかがお過ごしですか?自分は芋煮会をしました!
もう秋ですねw

高専プロコンですが、自分は2日目の自由部門と競技部門を主に見ました。多くの方にお世話になりました!

実を言うと高専7年目の僕、高専プロコンに参加したことも無く、見に行ったこともありませんでした。なのでイメージとして、高専プロコンで
何をやっているのだろう。ソフトウェアが主なのかなといった考えをしていました。ですが、実際に行ってみると予想は覆されました。

ソフトウェアで表現する人もいれば、ハードウェアで表現する人もいる。とてもクオリティの高いものばかりで、本気で驚きました。

そこで今日は第一弾として、KOSEN’s阿部が選ぶ「ワクワクするプロダクト!」を3つ紹介します。

1.香川高専詫間キャンパスの作品「Z!BA」

今小学生、中学生といった若者の理科離れが叫ばれている中、「磁石」「磁力」に着目したプロダクトが”Z!BA”です。
私がこれを見て驚いたのはクオリティの高さです。プロダクトというとUXを考えず、難しいUIとなってしまうことがありますが、直感的に磁石で遊ぶことができるとても分かり易いUIをしたプロダクトでした。実際にこのプロダクトが学校で採用されたとしたら、自分はずっと休み時間遊ぶと思いますw

理科に興味を持つための導入部分としても楽しく、また創造力も鍛えられる素晴らしいプロダクトでした!
DSC_5690

システム概要
“Z!BA”は磁石によって発生する「磁界」をリアルタイムで計測し、効果的に可視化することによって、磁力への理解をサポートするシステムです。立体視を活用した磁界の可視化や磁力を用いたアートやゲームを通じて、楽しみながら磁力への感心を高めることを目的としています。

DSC_5689

2.米子高専の作品「smart!KANTA君」

このプロダクトはわくわくするというか、高専の寮生にとっては必須プロダクトです!!高専の寮の多くには妖怪が住んでいます。その名も「洗濯物隠し」w僕も寮生活中には多くの靴下が隠され、かえってくることはありませんでした。wこれって洗濯が終わるタイミングが分からないからという理由もあります…そのタイミングが分かれば嬉しいんだよなぁと思っていたところにこのプロダクト!!

洗濯の管理、監視システムを米子高専の方々が開発し、みんなの寮生活を「洗濯物隠し」から救ってくれます!!
DSC_5697

システム概要
本システムの目的は「洗濯・乾燥の終了を知らせ、なおかつ監視もできる」ことで、洗濯終了時にはメール送信を行います。またユーザ登録をすることで不正利用を防ぎ、悪戯の防止にも繋がるというものです。本システム導入のメリットは、各家庭や集団生活を行う場での混雑する洗濯・乾燥機の利用効率の向上や、出し忘れ防止です。

3.沖縄高専の作品「Any Ware」

このプロダクトは、一気にSFの世界へと誘います!!
今私たちの周りには多くのハードウェアのプロダクトが存在します。その上にソフトウェアが乗っていたりするのですが、やはり、実際にプロダクトを「持つ」「さわる」「運ぶ」など手間がかかります。ですが、その「手間」を無くし、生活をもっとスマートにしてくれるプロダクトです。今ウェアラブルのプロダクトがとてもアツいですが、こういった新しい形のプロダクトもとてもアツくなってくると思います。
DSC_5704

システム概要
Anywareは死角ができないように室内の数カ所に取り付けられたプロジェクタによって好きな場所へアプリケーションを投影します。このとき、プロジェクタと投影面は垂直ではなく、複数の投影面があるため投影面ごとに歪み補正をします。アプリケーションの操作は室内に取り付けられたカメラから指先の動きを認識して実現します。
Anywareは(1)Anywareのアプリ、(2)Anywareタブレット、(3)Anywareコントローラ
の3種類に大別されるアプリケーションを提供します。
DSC_5705

いかがでしたか?少しでも高専プロコンのアツさを伝えられたらと思います。
明日からも少しずつ紹介していきますので乞うご期待!

高専プロコン参加者の方々へアンケートのお願い
アンケートをお願いしております。来年の高専プロコン参加者の方々の為に、
高専プロコンどや!と社会に伝えるために、もしよろしければアンケートをご記入頂けると助かります。
プロコン参加者アンケート

よろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>