研究発表の時に気をつけるべき3つのポイント!

読了:5分

PAK93_kokubanimadesyo1063

282919_577436819009100_44934974_n

Google グラスを初めてさわって興奮しましたKOSEN’s阿部です皆さんこんばんは!音声認識がしっかりと動いていて驚きました!骨伝導で動いているとのこと。発売が待ち遠しいですね!

 最近自分の周りでは、テストが終わり、残りは卒研発表だけという方も少しずつ増えてきたのではないでしょうか。私の学校では本日から最終研究発表が始まりました。自分も明日発表があるので緊張なうです。

本日は、そんな研究発表の時に気をつけた方がいいポイントに関してまとめたいと思います!

研究発表の時に気をつけるべき3つのポイント!

1.1枚に詰め込まない

LIG_soregaichibandaijis

 1~2年間、3~4年間の集大成である研究はやはり、内容も濃く、書くことがたくさんあります。なので、1枚に多くの情報を詰め込んでしまうこともあるかもしれません。ですが、多くの情報を詰め込んでしまうと、リスナーが混乱してしまいます。また発表者も、混乱してしまう可能性もあるかもしれません。なので、1枚のスライドには1つの要素のみを書くようにしましょう!

 実験データも貼り過ぎは厳禁です!重要なデータのみを掲載するようにしましょう!

2.色に気をつける

PAK88_purezentboxbell

 強調したり、イメージを伝えたりするときに色というのはとても大事なものです。色によって与える印象であったり、感じられる雰囲気だったりがとても変わってきます。背景色と文字が同じ色だと、とても見づらかったりします。

 大切なことをしっかりと伝えるためにも、ほんの少し色を気をつけてみてください!

参考:反対色をうまく使う

3.早口にならない!

OZP86_watashinonensyuu

 やはり、発表となるととても緊張します。自分もあがり症なので、話すスピードが早くなったりしてしまいます。ですが、早口で話すとリスナーの理解が追いつかないなどといったことが生じてしまいます。せっかくの良い研究がそれではもったいないです!とは言っても、緊張して早口になってしまうので、少し遅く話す、わざとらしいぐらいでゆっくり話すことを意識してみましょう。そうすれば、ちょうど良いスピードになると思います。


 研究をやっていると伝えたいことが多すぎて焦ってしまったりするかもしれません。ですが、伝えたいことが伝わると楽しかったりします。研究は人に分かり易く伝えることがとても大切だと思うので、少しでも気をつけてプレゼンしてみるのはいかがでしょうか。

ライター紹介

1471130_591373304262180_280398780_n

阿部 智樹

KOSEN’sの阿部です!現在専攻科2年生、高専の最長老です!w高専生にとって良い情報を提供できるように頑張っていきたいと思います!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>