kosens のすべての投稿

a0027_000071

SNSと家族のつながり

SNSと家族のつながり

こんばんわ
KOSEN’sの今若です!

みなさんはLINEやTwitterなどのSNSを活用されていますか?
今やこのSNSなしでは生活できない人が多くなっているのではないでしょうか?
ですが、最近ではこのLINEを使って様々な問題が起きてきます…
SNSの使い方をもう一度再確認し、絆とはなんなのか考え直してみてはいかかですか?


5人に1人は「老後の連絡手段に LINE を使いたい」–メディケア生命保険、「家族の絆と老後の生活に関する意識調査」実施

a0027_000071

スクリーンショット 2013-11-13 1.53.30

水面をタッチディスプレイにする「アクアトップディスプレイ」

水面をタッチディスプレイにする「アクアトップディスプレイ」

スクリーンショット 2013-11-13 1.53.30

子供のころに、水たまりで遊んだり海に行って水をかけあったり…。そんな昔からなじみのある水に注目したデバイス。それが「アクアトップディスプレイ」です。

これは水に投影された映像にタッチしたり、水の中から指を付け出したりすることで、映像を操作できるというものです。

スクリーンショット 2013-11-13 1.43.50

システムは、プロジェクター、Kinect、水槽で構成され、まず水槽は白い入浴剤を入れて水面を白くしています。センシングはKinectで行っており、水面から約1.4cm以上突き出た指を検出し、上からのタッチに加え下からのタッチを個別に認識することができます。

また、水をすくいあげる事で映像オブジェクトを移動する事が出来ます。物を動かすときにすくいあげて移動するという行動はとても直感的で、操作感が気持ちいいだろうなと思います。

スクリーンショット 2013-11-13 1.47.06

水の振動により触覚的なフィードバックを行い、まるで映像に実際に触っているような感覚を提示できるらしいです。いろいろとゲームコンテンツもあるようでおもしろオシャレです。

スクリーンショット 2013-11-13 1.49.53

お風呂にこういうシステムがあるとお風呂嫌いの高専ギークも楽しく入浴できるかもしれませんね。

a1180_009237

バッテリー切れの心配無用? コンピューターの消費電力を1万分の1以下にできる技術が登場

バッテリー切れの心配無用? コンピューターの消費電力を1万分の1以下にできる技術が登場

こんばんわ
KOSEN’sの今若です!

みなさん、スマートフォンのバッテリーの持続時間に不満を持たれていませんか?
この技術で、バッテリーの不満が解消されるかもしれません!
しかも、2020年に試作が計画されているため、東京オリンピックで、スマホの充電を気にする必要がなくなりそうですね!(^^)!

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20131112/Gizmodo_201311_post_13438.html

a1180_009237

1075769_655638547797475_1182164684_n

TOEICと高専生

TOEICと高専生

こんにちは、KOSEN’sの三原です。

さて、今回はおそらく皆さんがあまり好きではないであろう「TOEIC」のお話です。

そもそもTOEICとはなんでしょうか?
低学年の頃は、正直なところ筆者もよく知りませんでした。

 

TOEICとはいわゆる「英語の検定」ですが、英検とは違って級別ではなくスコアで能力を判定します。

 

その点数範囲は5点から990点まで。

 

ちなみに、なぜ半端なスコア設定かと言うと

・最低点の人も英語力が「ゼロ」ではない

・最高点の人も英語力が「最大」ではない

・1000点満点にすると桁が増えて面倒だから

 

という「説」があるそうですが、実は公式の発表は全くありません。

 

さて、なぜ英語およびTOEICが高専生にとって必要となるのでしょうかというお話に移っていきましょう。

 

高専生のほとんどは理系学生であり、高専生に限らず理系学生は英語が苦手という傾向があるのはご存知だと思います。

 

しかしながら、研究が始まると英語論文を読むことは当たり前、社会に出れば、必要な機械やソフトウエアの説明書が日本語で書かれていることはあまり無いでしょう。

 

日本から出ないから、英語は必要ないと思っている皆さん。

正直甘いと思います。

 

とある英語の先生がおっしゃっていましたが、文系出身者よりも理系出身者の方が英語を使うことが多くなるそうです。

 

さて、高専生の英語力は?

 

TOEIC本部では、公式データとして毎年「TOEICプログラム DATAS&ANALYSIS」という

受験時に得られるデータの分析結果を刊行しております。

今回は、以下に示す2012年に発行されたデータを見てみます。

TOEIC公式データ・資料

TOEICプログラム DATAS&ANALYSIS (pdfファイル)

 

PDFの7ページ目に、高専生の平均スコアなどが掲載されていますが、その平均値は

Listening:208 Reading:139 Total:347

となっていました。

(個人的には中央値や分散など、統計的パラメータが気になりますが……)

 

対して大学生の平均値は

Listening:245 Reading:188 Total:433

だそうです。

 

公式データとはいえ、受験者の母数が1桁違うために
単純な能力比較をしてはいけませんが、
英語に関しては圧倒的に差が生じていることがわかります。

 

さて、TOEICスコアを向上させるにはどうしたらよいでしょうか。

 

実は、KOSEN’sでも過去に英語力向上に関する記事の紹介や、インタビューにおいて、英語力向上方法について教えていただいております。

 

No.23 高専生と英語
内田奈緒美さん(インタビュー)

 

加えて筆者個人的には、内田さんのインタビュー記事で紹介されている

「TOEICの公式問題集を繰り返し何周も解くこと」

が一番効果的でした。

(ちなみに90点以上のスコアアップに成功しております)

 

さて、高専生が優秀と言われている一方、企業から英語力に関してはあまり評価されていないことが実情のようです。

 

逆を言えば。

英語ができる高専生は、すぐに差をつけられるということです。

技術+英語を兼ね備えた学生、圧倒的じゃありませんか?

546876_661273533900643_425586148_n

【速報!】平成25年度優秀学生顕彰にて高専生が入賞!!

【速報!】平成25年度優秀学生顕彰にて高専生が入賞!!

こんにちは!KOSEN’sです!

高専にいる時に感じていたことは

「大学ってすごいんだろうなー」
「高専生じゃ負けるよなー」

といった劣等感でした。
大学生と交流が少なかったという理由もありましたが、
やはり、学歴があるのかなって正直なところ考えていました。

ですがその考えは昨日改めて払拭されました。
昨日Facebookを見ているとある投稿を見つけました。

平成25年度優秀学生顕彰 選考結果」(参照:独立行政法人日本学生支援機構

その中を見ていると多くの高専生が入賞されていました!

学術部門にて
大賞

豊田工業高等専門学校専攻科2年生

大阪府立大学工業高等専門学校専攻科2年生

香川高等専門学校専攻科2年生

(4名中3名が高専生)

優秀賞

明石工業高等専門学校専攻科2年生

の方々が入賞されていました!おめでとうございます!!
※入賞された内容に関してはリンク先をご覧下さい。

これだけの成果を残している高専専攻科生を知ることができて、自信に繋がりました。
同じ高専で頑張っている人をみると応援したくなります!というか自分も頑張んなければ!
早速来週ISTS2013が香港にて開催されるので頑張ってきます!

スクリーンショット 2013-11-12 0.47.26

毎日の運動を定量化、リストバンド型デバイス「Nike+ FuelBand」

毎日の運動を定量化、リストバンド型デバイス「Nike+ FuelBand」

スクリーンショット 2013-11-12 0.47.26

パソコンのしすぎで最近運動できてないなー、という高専生は必見! 体を動かすためのモチベーションを湧かせてくれるデバイス、それが「Nike+ FuelBand」

15日、Nikeがニューヨークで開催したイベントで発表したこの『FuelBand』は、日々の活動量や負荷を計測し記録として残してくれるリストバンド型のデバイスです。ユーザが運動すると、「NikeFuel」ポイントが加算され、ランプゲージが赤から緑になる事で目標の達成を示します。

スクリーンショット 2013-11-12 0.47.37

Blutooth4.0と対応しているため、スマートフォンとの連携も容易。運動量を簡単に管理できるようになりました。

友人と楽しめる機能も実装されており、友達の「声援」をモチベーションにできるかもしれません。カラーも三色ほどありオシャレです。

スクリーンショット 2013-11-12 0.47.51

個人的には「ポケットピカチュウ」みたいなデバイスのオシャレ版じゃないかなーと思いました。運動 + 育成 + SNSとかだと面白いデバイスが出来るかもしれませんね。

Zemanta Related Posts Thumbnail

シンガポール英語キャンプ(5)

シンガポール英語キャンプ(5)

こんばんわ
KOSEN’sの今若です!

本日でシンガポール英語キャンプについての紹介が最後となってしまいます。
今日は、シンガポール英語キャンプ全体を通して、感じたこと・経験したことを紹介したいと思います。

今回のシンガポール英語キャンプを通じて感じたこと・経験したことはありすぎるのですが、3つに絞って話します。

まず、1つ目は英語力の向上です。
私は英語があまり得意でなく、この英語キャンプに参加する際はとても心配でした。
もちろん最初の方はたくさん失敗して、迷惑をかけていました。
でも、数日たってくると少しずつですが、英語が喋れるようになるのです。
まわりが英語ばかりだと、それを理解しなければ生きていけません。
そのため、自分が必死になったんだと思います。

2つ目は外国人を見る目です。
外国に行き、自分が外国人として見られるようになると不思議な感じでした。
たくさんの視線が自分に注がれている感じ…
自分が日本にいるとき、外国人の方がいると、自然に目がいってしまっていました。
外国から日本に来られた人もこのように感じるかなあと思いました。

最後に3つ目は友達とのつながりです。
今回の英語キャンプでは全国の高専から参加者が集まりました。
北は北海道、南は沖縄まで!
そのため、いろんな方言があったり、高専ごとの教育の仕方の違いだったり。
何より、この英語キャンプが終わっても、ここでできた友達とfacebookなどでつながることができています。
このような、全国から人が集まるイベントに参加すると、自分の同年代の人は何をしているのか、自分がもっとがんばらなくてはならないなと思うようになりました。

今回のシンガポール英語キャンプを通じ、海外に行き自分はとても成長することができました。
みなさんもこのシンガポール英語キャンプに限らず、さまざまなことに挑戦し、自分を磨いていってください!

最後に、皆さんに”シンガポールと英語” というテーマにちなんで、告知があります。

Kosen’sには、兄弟サイトのGlobalWingというサイトがあります。
テーマは”海外インターシップで、周りと違う体験する。そして、なりたい自分になる”です。
もちろん、シンガポールのインターンもこのGlobalWingを通して可能です!!!
ぜひ、こちらも応援お願いします!!!

http://globalwing.jp/

最後まで読んでいただき、ありがとうございました_(..)_

DSCF1695

car

エコドライブコンテスト

エコドライブコンテストで2年連続入賞

 

こんにちは、KOSEN’s三原です。

ちょっと前のニュースですが

『高専自動車部、エコドライブコンテストで2年連続入賞』

という話題を紹介いたします。

 

自動車メーカの本田技研工業(HONDA)が主催する

「Hondaエコマイレッジチャレンジ 本田宗一郎杯」

にて、八戸高専のチームが87台中3位と、2年連続で入賞を果たしたそうです。

また、長野高専のチームも4位、八戸高専の別のチームも5位と、素晴らしい成績を残しているそうです。

 

この大会は本田技研工業が主催し毎年実施しており、

1リットルのガソリンで、どれだけの距離を走行できるかを競う大会だそうです。

 

なお、競技は平均時速25キロ以上で、1周約2.3キロのコースを7周するのですが、

八戸高専の「NP号III」の燃料消費量はたったの9.46ccで、

1リットル当たり、なんと1731kmも走行できるという計算となるそうです。

 

燃費が1731km/リットルって聞いたことありますか?

ハイブリッド車でも、条件が良くて40km/リットルですので、

この記録がいかにすごいものかというのは、すぐにおわかりでしょう。

 

環境問題や資源問題にアプローチできる技術が

高専から生まれるってなんだかワクワクしますね。

 

参考 八戸高専自動車工学部:

http://www.hachinohe-ct.ac.jp/~gakusei/automobile/ecorun/home.htm

 

さて、高専発の技術といえば!

「KOSEN’sこうさくこんてすと」の参加者募集を12/1まで受け付けています!

高専発のすごい技術がこのコンテストから生まれるといいなあと思っております。

ご応募はこちらから!

http://kosens.jp/contest2013

prologue_character2

「ラブライブ!」に学ぶ経営者の極意

「ラブライブ!」に学ぶ経営者の極意

prologue_character2

高専生が好きな「ラブライブ!」の主人公高坂 穂乃果(こうさか ほのか)がアイドル仲間を増やすときに取った行動があまりにも素晴らしすぎたのでまとめてみた。

画像(http://www.lovelive-anime.jp/prologue.html)

◎ ラブライブ! のストーリー

舞台となるのは東京都千代田区にある学校、「音ノ木坂学院」(おとのきざかがくいん)。
古くからあるこの学校は、少子化やドーナツ化現により学生数が減少したため、統合の対となってしまう。この学院存続の危機に、9人の女子生徒が立ちあがった。「自分たちがアイドルとして活動して学院を宣伝すれば、入学希望者が集まるんじゃないか」
淡い期待と不が交錯する中、こうして彼女たちはアイドルとしての一歩を踏み出すことになった。彼女たちの想いは届くのだろうか・・・。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96!より抜粋

◎参考になる4つのポイント

1. 自分が努力し、努力している姿を人に見せる

穂乃果はアイドル仲間を集めていて、友人のことりと海未(うみ)に声をかけても「どうせ真面目にやらないんでしょ」と拒否される。そこで 穂乃果は学校の校舎裏の必死にダンスを練習し、それを友人二人に見せる事で努力しているアピールをし、友人2人の勧誘に成功した。

2. 絶対にあきらめない前向きさとぶれない軸

初めてのライブで学校の大きな講堂を借りたが、誰一人として人が来なかった。しかし、その現状を「世の中そんなに甘くない」と達観し、誰もいない中ライブを行った。ライブ中に人はだんだん集まってきた。

3. 圧倒的な行動力

穂乃果の友人の海未は接客が苦手だっため、 穂乃果は街頭に行きすぐにビラ配りを行う。そのおかげで、海未は接客が上手になる。

4. 相手の立場になって考え、人を巻き込む

アイドルに対しての情熱はあるが、恥ずかしくて穂乃果のアイドルチームに入れない矢澤 にこ(やざわ にこ)をいきなり「部長」と呼び、持ち上げる事で勧誘に成功する。

どうでしたか? 「ラブライブ!」にはなにかものを成し遂げるときの人の行動や考え・マインドが結構集約されているなと思いました。最近プロジェクトのリーダーとなる機会が多い自分にとって結構勉強になるアニメでした(笑)

皆さんも見てみてはどうでしょうか?

スクリーンショット 2013-11-10 23.25.43

やばい…高専生の技術力…もはや…神レベル!!

やばい…高専生の技術力…もはや…神レベル!!

こんばんは!KOSEN’sです!

本日は
「もはや神レベル!高専生の技術力!」

んーとんーとこれって何なんでしょうw
んーとんーとこれって何でできているんですか?

…LEGO…?

子供の時に遊んだあのレゴですか?
なんかがしゃがしゃ動いてますけど!!
もはや工場においてあるのではないでしょうか!!?
これ作ったの誰ですか!?
高専生?

御見逸れしました><

玉転がし作ってみた!…

作ってみたってレベルじゃない!もはや神レベル!!
もはやピタゴラスイッチ超えてるじゃないですか!!?

コウセンスイッチ!??w

このプロダクトはもしかして高専から技術者が排出している様を表しているのですかね?

崇めます。僕これを作った高専生を崇めます…

僕技術力あるとか言ってごめんなさい…