kosens のすべての投稿

537741_103411079801477_120624008_n

一関高専の元学生会長 阿部陸さんにインタビュー

スクリーンショット 2013-11-30 23.12.56

PROFILE

阿部陸

一関工業高等専門学校の機械工学科に所属しており、元一関高専学生会長の阿部陸さんに学校運営での苦労やコツ、やりがいについてお話を伺った。

 学生会

ーーなぜ一関高専に入ろうと思ったんですか?

水野和敏さんに憧れていて、自動車に興味を持ち、実際に車に携わる仕事をしたい!と思い、自動車に関する技術を学べる高専に入学することを決めました。

ーー阿部さんは学生会長だったとお聞きしております。そのような学校運営をやろうと思ったきっかけはなんですか?

学生会室に行ったときに男女が仲良くやっていて、非常に雰囲気が良く感じたからです。入学当時から学生会に関わっていたのですが、2年生から本格的に運営に力を入れるようになりました。

ーー学生会に入って具体的に身に付いた能力ってあります?

プレゼン能力ですね。全校生の前で話す機会があるので鍛えられました。また、学生会は夏場に全国学生会交流会があり、様々な人と話す機会が多いためコミュニケーション能力は身に付きました。

ーー全国学生会交流会ではどういう交流をされるのですか?

まず、全国学生会交流会とは各校の問題点や、他校への質問等を持ち寄り、互いの高専の運営の参考にしたり、学生会同士の連携を強くするために毎年1回、どこかの高専が主幹校となって開催されています。たとえば一関高専では、「高専祭の交通手段」について例年問題でした。交流会でお聞きした、香川高専さんで行われているシャトルバスを参考にして、一関高専でもシャトルバスを運行する事にしました。そのときに難しかったのが、駅にバスを駐車するとき、どこに許可をとればいいのか分からなかったことです。JRのロータリーに駐車するので、JRにお話を伺ったりと様々な試みをしました。実際は市役所で数週間前から申請を出して、許可をもらうことが必要で大変でした。しかし、このシャトルバスを運行する事で、お客さんの来場を増やす事ができました。
このように、全国学生会交流会は、他の高専の良い点を自分の高専に取り入れられる良い機会となっています。

ーーたしかにシャトルバスは便利そうですね。

そうですね。あと、一関高専の電子計算機部では伝統的に中学生やその親をターゲットとして、土日にプログラミング教室を開催しています。そのときの交通手段として、2012年はバスの送迎を行いました。

ーー高専に興味のある方に高専の専門教科の内容を教える機会を設けるのはすごくいいですね。バスを交通手段とすると、もっと人が増えて高専の楽しさが伝わって行きそうです。

 高専祭

ーー学生会で運営して行く部分でやりがいってどんなところですか?

例えば今年の一関高専祭だと、集客目標を2500人と定めていたのですが、それを達成できたときはすごく達成感がありました。広報は様々な方法を用いて行いました。テレビの生中継・ポスターの作成・小中学校や東北高専に広報・facebookやtwitter…。

ーーテレビの広報はすごいですね。実際効果はあったのですか?

テレビでの広報が一番ききましたね。岩手県でお昼の時間の枠をいただき広報させていただいたのですが、それをみて高専に来る人は聞いた限り多かったです。

ーー一関高専の高専祭はすごく力をいれているとお聞きしました。ウォーターボーイズとかすごいですよね。

学校も高専祭に力いれてるんですよ。東北に震災があったということで、地域復興の部分も大きいですね。

一関ウォーター 一関ウォータ2
一関ウォーター3 一関ウォータ4

一関高専水泳部のウォーターボーイズ

ーー高専祭に力を入れて行く上で上手くいかないこととかってないんですか?

ありますよ。結構先生に無理を言ってしまう事が多くて。その場合は学務の方に無理を言ったりします。あとで学務の方から先生に話を通していただけるためです。

 学生会長として

ーー学生会で会長という立場でもいろいろと四苦八苦することも多そうですね。その中で運営を行っていく極意みたいなものってあります?

校内によく足を運ぶようにしていました。部活動で予算のいる場合に、部活動を行っている人に会って「なにか壊れたものとかあるの?」とか聞いたりしていました。学生会で部活動の予算を決めるときに、より公正に予算を決めたかったと考えたからです。基本的には部活動の成績であったり、部活動に所属してる人数を考えて予算を決定します。しかし、部活動をしている人と話すと「そんなに予算いらないよ」と言われたりするんですよ。予算の均一に決めている学生会もあるのですが、ヒアリングをすることでコミュニケーションする機会を増やしていきました。そういう小さなことの積み重ねが大事だと思います。

最後に

ーー最後に高専生に一言お願いします。

他の高専の学生会長さんや学生会関連の方々と交流する中で、自分の考え方が変わっていると気づきました。すごいことを考えている人がいて、もっと自分もすごくなりたいと思いました。元々高専に入ったときは、「こんな感じじゃなかったのにな」と思っていたのですが、いろいろな人と交流する中で考えが変わっていき「高専って面白いじゃん」と感じました。高専生にはぜひいろいろな人と会って、多くのことを考えて欲しいです。

インタビュアー紹介

abe

田口 拓明

お話をうかがって行く中で、学生会長としての人脈の広さや行動力の高さをまじまじと感じました。それでも現状に満足せず向上心をもって頑張る姿はすごいなと思いました。インタビューありがとうございました。一関高専の学生会の今後の活躍にも期待です。

F178_nekutaidansi500

高専生が就職活動時にみるべき、考えるべき観点

高専生が就職活動時にみるべき、考えるべき観点

こんばんは!

皆さんEDWINというジーンズメーカー知っていますか?

知らない人がいない程有名な企業だと思います。

テレビコマーシャルや様々な場所で目に入るようなメーカーです。

そんな大手メーカーのEDWINが本日経営破綻というニュースが流れました。

エドウインが経営破綻 国内ジーンズ最大手
(参考:http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/27/edwin-bankruptcy_n_4347595.html)

こんなことがあるんだ!と思い、驚きながら記事を読んでいました。

2年前JALが倒産したりと今、産業界は大きなターニングポイントを迎えているのではないかと思います。

sample

何故今回こんな記事をご紹介したのかと言いますと、

「大手だから安心」「みんなが知っている企業だから」

といった考えで自分のキャリアを決めるのはもうやめませんか?

ということをお伝えしたかったからです。

先日こんな記事を書かせて頂きました。

まだまだ間に合うと思っていて本当に大丈夫?高専生の就職活動

この中に自分の決断の軸を考えるといった部分がありました。

その軸に「企業の知名度」「福利厚生」って入ってくるのかな?とふと疑問が浮かびました。

自分はその観点で少しみるのは少し違うのかなと思いました。

あなたはどう思いますか?

「したい仕事をしてワクワクしている自分」

「福利厚生が充実している会社で働く自分」

あなたはどっちになりたいですか?

明日はあるキャリアを歩みだしたある高専生の話を掲載します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

[email protected]

[email protected]

http://kosens.jp/wp-content/uploads/2013/11/nightview1.jpg
おはようございます、KOSEN’s三原です。

先週の水曜日から金曜日まで、高専機構と香港VTC(職業訓練局)の主催のもと
香港のIVE青衣校にて、国際研究発表シンポジウム
“3rd International Symposium on Technology for Sustainability (ISTS2013)”が開催されました。

 

ISTSとは、各国の学生が自分たちの研究成果を発表し合い、内容に関して議論を進めていく、いわば「学会」です。
一昨年にスタートしたISTSは、1回目と2回目はタイでの開催、3回目の今回は香港での開催となりました。

 

今年のISTS2013での論文投稿件数は300件弱、参加人数は各国の学生+指導教員合わせて500人超えのイベントとなりました。
日本からの参加者は、主に高専専攻科生であり、各高専の専攻科から多くの学生が参加していました。

 

さて、KOSEN’sの阿部と筆者(三原)もたまたま(?)発表者側に立つことになり、香港へ行ってまいりました。
ISTSでは基調講演や、各国および各高専の学生の発表を聞いたり、付随したイベントへの参加など、刺激的な経験をしてまいりました。
さて、今回はそんな高専専攻科生が香港に集結したISTS2013についてのレポートをお伝えします。

Day 1

9:00からは、高専機構の理事長である小畑 秀文氏らの出席のもと、
開会式&香港VTCと高専機構の調印式などのセレモニーが行われました。
調印は、今後もこの2者が連携して技術教育に努めるといった内容だそうです。

 

その後は日本から1名、香港から2名が基調講演として現在の技術や問題点、これからどうするべきか……などに関してのレクチャーを頂きました。

最初はHon LO Wai Kwok先生の”Engineering our Sustainable Future with Innovation and Technology”という題目で、
中国や香港が抱える環境問題に対する危機と、解決・発展には高い技術力が必要となることなどの説明がありました。
(PM2.5などは最近大きく取り上げられていますよね。もちろん、日本で話題になる以前から問題だったようですが)

 

続いては大阪大学の金子 真教授による”Beyond Human”という演題で、ロボット工学の観点から見た人間の能力と、それを超えるロボットの開発について、ウィット(ブラックジョーク?)に富んだ内容でお話をしていただいました。
人間は意外と精密な「神経」というセンサを身にまとっていることや、動的に遷移する物体を目で捉える能力、握るモーションをロボットで再現することといった、学生の興味を惹くプレゼンテーションは非常に刺激となりました(加えて非常に面白かったです)

 

最後は香港のLawrence W. CHAN先生による”Development of a Solar-Powered Race Car”と、そのタイトル通り、ソーラーカーの製作およびレース参戦に関する内容でご講演いただきました。
そのソーラーカーですが、香港VTCの特設サイトにある動画を見ていただけるとわかりやすいと思います。
(筆者の個人的所感ですが、このようなムービーを高専ロボコンに関して作ると、とてもかっこいいだろうなーと思いました。全国のロボコンニストの皆さんお待ちしております)

 

さて、このあとは昼食の時間になるわけですが、昼食時に熱烈な歓迎を受けました。
http://kosens.jp/wp-content/uploads/2013/11/PB207367.jpg

 

以降は各学生の研究成果プレゼンテーションが各分科会ごとに行われました。
筆者は主にElectrical and Electronic Engineeringのセッションを聴講していましたが、各高専の専攻科生が流暢な英語でプレゼンを行う様は、非常に刺激になりました。
高専生は英語を苦手としているという一般論が、そのときばかりは信じられなくなりました。

 

さて、18:00でセッションは終わり、その後は香港側のご厚意により夜景ツアーに参加させていただきました。
香港100万ドルの夜景、非常にキレイでした。
このような形で、1日目は終了です。

Day 2

 

9:00から18:00まで、前日同様に研究発表プレゼンテーションが行われました。
ちなみに筆者は朝9:30頃の発表で、初の英語プレゼン+英語で飛んでくる質疑応答に緊張しっぱなしで、持ち時間の20分ほどがすぐに過ぎ去ってしまったように感じました。

 

夜はお待ちかねのバンケット(ディナー)でした。
香港と日本の食文化の違いを感じる、非常にいい機会となりました(?)

Day 3

 

3日目はテクニカルツアーと題して香港IVE青衣校の見学や、現地のテーマパークであるOcean Parkでのレクなど、様々なイベントを用意していただきました。
ちなみに筆者は、Ocean Parkでは、もっぱら絶叫マシーンで遊んでおりました。

 

さて、このように盛りだくさんな3日間でした。
海外に行くチャンス、海外で研究成果を発表するチャンス、様々な学生と交流するチャンスなどを得られるISTSですが、
来年は台湾で行われるそうです。
ぜひ、参加を検討してみてはいかがでしょうか。
筆者は参加をお勧めいたします。

斉藤

斉藤 愛奈 北九州高専在学中

斉藤

PROFILE

斉藤愛奈

北九州工業高等専門学校 電気電子工学科3年に在学中

弓道部と宇宙科学研究会に所属し、サイエンスキャンプなどへの参加もしているアクティブな
彼女の普段の日常から将来への想いについてお話を伺った。

「高専と宇宙」

ーーまず、斉藤さんがなぜ高専に入ったかを教えていただけますか?

小学生の時にエジソンの伝記本と出会ってエジソンが深く関わっている“電気工学”に興味が湧いたのがきっかけです。私は宇宙とトーマス・アルバ・エジソンに対する熱い想いがあり、この二つについて話し出したら止まりません(笑)

ーーそうなんですね!エジソンと言えば僕も小学生の時に豆電球が光るのを見て感動した覚えがあります(笑)ところで何で宇宙が好きなんですか?

小学生の時に「宇宙は人よりずっと前に生まれたのに、なんでこんなに分からないことがいっぱいあるんだろう?」と不思議に思い、そこからゾッコンになりました!
「宇宙って本当に無限なの?」「星はなんで光ってるの?」「地球は1つしかないの?」と知りたいことがいっぱいになりました!

ーーなるほど。確かに考えだしたら気になりますよね!
何か宇宙に関して学んでる事などはありますか?

最近では、サイエンス・キャンプを通して筑波宇宙センターで合宿をしました!
内容は講義を受けたりアンテナ作ったり宇宙飛行士模擬訓練をしたりなどです(笑)
あとは九州工業大学や福岡大学で宇宙に関する講義を受けに行ったりもします!

ーーすごいアクティブですね!弓道に関しては何かありますか?

「礼儀」です。
入部する前は年が1つ違うだけで尊敬語や謙譲語を使い分けるなんて自然と出来なかったんです。
なので、最初は上の方に対して軽率な言動をしてしまっていました。
でも弓道部に入って徐々に“上の方”の素晴らしさが分かると共に考えてから言動をする事が出来る様になりました。
斉藤(弓道)
弓道着姿の斉藤さん

「高専生活と私」

ーー電気というと何か難しいイメージがありますが実際はどうですか?

勉強はとても難しいです|
特に専門科目の電気回路や電気磁気学などはとても難しくて試験で思うように点数が取れなくて落ち込んだことは何回もあります。そんな時、支えてくれたのが本科の先生方と先輩方です。
先日電気回路の内容で分からない箇所があり、その事をある先生に尋ねると親身になって教えていただきました。
その際に「この本分かりやすいよ」と言って参考文献までいただき、大変嬉しかったです。
先輩方も優しく、勉強のコツを教えてくれます。
本科の先生方や先輩方は皆さん温かい人ばかりで勉強が大変な科目も頑張れます。

ーーそれ分かります!僕もインターン等で同じ事をいつも思いますよ(笑)

ーーそして普段から忙ししそうだなという印象を持ちましたが、休日などは普段何をされてますか?

2つあって1つがお買い物です。
服を買ったり小物を買ったりしてます!
2つ目がカフェ巡りです。
コーヒーが好きで1日1杯は飲みます!笑

ーー僕と趣味一緒じゃないですか(笑)

「My Dream」

ーーでは最後に斉藤さんの将来の夢を教えてください!!

宇宙開発に関わる研究者になりたいです!
北九州高専本科を卒業後、大学に編入してそこで人工衛星について研究をして、
実際に人工衛星を自作して打ち上げる事を目標にしています!!

インタビュアー紹介

佐々木 桃太

今回、斉藤さんにインタビューをさせて頂き、彼女の大きな夢と夢に向かって頑張っている行動力にとても魅力を感じました!
今後の活躍を期待しています!

a1180_010170

WiFi設備

WiFi設備

こんばんわ
KOSEN’sの今若です!

スマホ化が進む中で、通信速度が遅いと思われる方も少なくないのではないでしょうか?
その解決方法としてWiFiに接続するという方法があります。
今の日本には公共WiFiというものがありますが、まだまだ不十分です。

そのような中で、大型スーパーでWiFiが整備されつつあります。
新しいショッピングの形が生まれそうですね。


イオン、「イオンWiFi」を整備し実店舗とネットを連携—さらなる集客ねらう

a1180_010170

a0002_009355

家にもキーレスエントリー

家にもキーレスエントリー

こんばんわ
KOSEN’sの今若です!

みなさんはキーレスエントリーをご存じでしょうか?

キーレスエントリーとは車のカギをイメージしてもらえばいいと思います。
ボタン1つで、ドアを開け閉めでき、またカギでもできます。
これが車でじゃなく、家でできるカギがあるんです!!


家にもキーレスエントリー! なKevo、試してみました

a0002_009355

20130115_17

インターンシップへの勧め

インターンシップへの勧め

こんばんわ
KOSEN’sの佐々木です^^

みなさんはインターンシップを体験した事がありますか??
インターンシップとはざっくり言うと仕事体験だったり企業研究みたいな物で、
学校が提供してるのもあればリクナビさんやマイナビさんを通じて提供されていたり、企業が独自で学生を募ってる場合もあります。

僕はインターンシップに参加する事を全力でお勧めします!
理由は世の中を、企業を、そこで働く人を知る一番の「キッカケ」になるからです。

「え、そんなの知ってどうするの!?」
と思う人もいるでしょう。しかし世の中を、社会を広く知れるのは学生ならではの特権です!
社会人になると企業で働く事になり、基本的にその企業に関連のある分野しか見れないのですが、学生のうちは業界関係なく動けば動くだけ多くの事を学べます。

そして何より重要なのは、学校からの紹介等を待つのではなく自分から能動的に動いてみる事です!
まずはリクナビさんからインターンシップを探してみませんか?
冬期インターンもまだまだ募集してる企業はたくさんあります!

a0001_009296

会社をやめたとき後悔した12のこと

会社をやめたとき後悔した12のこと

こんばんわ
KOSEN’sの今若です!

私はまだ、会社に就職して働いたことがありません。
就職した際、何を気をつけて働けばいいのでしょうか?

この失敗談から、どのように会社での生活していけばいいのか参考になるのではないでしょうか?


僕が19年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと

a0001_009296