鈴鹿高専・電子情報工学科にインタビュー

スクリーンショット 2013-10-18 2.49.30

インタビューについて
高専名: 鈴鹿高専
学科: 電子情報工学科
現在: 大学生

なぜ高専に入りましたか?
高専祭がとても楽しそうだったことが印象的だったことと、兄弟が高専生で、充実した学生生活を送っていたことに影響を受けたからです。
進路は公立高校と最後まで迷っていましたが、公立高校の方は落ちてしまったので高専に進学しました。

高専の時に一番頑張った事と頑張った内容はなんですか?
卒業研究です。
第一志望の情報系の研究室に配属されましたが、プログラミングは苦手で、成績の悪さも研究室内でぶっちぎりだったので、周りに置いていかれないよう必死にやっていました。
卒論発表の地点では、周りのメンバーとの差は縮まったと自分では感じています(笑)

高専の授業で印象に残ったものと授業の内容を教えてください。
プログラミング関連の授業です。
プログラミングは未経験だったので、画像処理をするプログラムを書いたり、ちょっとしたゲームを作ったり、毎日新鮮な気持ちで授業を受けていました。
ただ、とても苦戦しましたが…。
出身高専が周りの高専と違う部分を教えてください。
「創造工学」という、ものづくりを企画段階から行う授業がありました。
4年生の4~10月にかけて、学校説明会で紹介される学科の展示を、チーム毎に作成する、という内容です。
企画発表から中間発表、最終発表もクラス内で行いました。
ちょっとしたプロジェクトでしたね。
全国の高専もしくは高専生にもの申したいことを教えてください。
高専生は専門科目や理系科目に関してはとても優秀です。
これに満足せず、どんどん視野を広げていってほしいなと思います。


この度、KOSEN’sでは高専生のインタビューを募集しています。ぜひインタビューにご協力ください。

応募はこちら

高専でこんなこと頑張った、うちの高専こんな所変わっている、高専及びに高専生に一言もの申したい方はインタビューに答えていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>