舞鶴高専・電気情報学科に高専プロコンインタビュー

名称未設定-5

インタビューについて

高専名: 舞鶴高専
学科: 電気情報
参加部門:競技

プロコン出場は個人的に何回目ですか?
2回目

プロコンに出場する上で頑張った部分や自慢できる技術を教えてください。
“チームが自分以外プロコン初参戦だったので、プロジェクトが破綻しないように気遣うことを頑張りました。
自慢はデスマーチのない開発プロジェクトを運営できることです”

ちなみにどれくらいの期間をかけてプログラムを作成されましたか?
1ヶ月

プロコンに参加したチームの人数と役割などをお聞かせください。
“3人で
サイコロ符号化アルゴリズマー1人、
画像認識アルゴリズマー1人、
サイコロ並べとプロジェクトマネージャー1人、
で分担して作業しました。”

他のプロコン参加高専の中で技術的に気になっているところを教えてください。
“外からのアクションをアプリケーション内に反映させて様々な視覚的演出を与える技術
鳥羽商船のすなけっちや、香川詫間のZ!BAなどの作品の、ハードウェア部分が特に気になります”

これからのプロコン参加者に一言お願いします。
“サイコロはやばいです(;・д・)デスマーチもあるけどがんばってーねっ!
オフ会もあるしたのしいよーあと、女の子の参加者も多いから女子高専生も安心!”


この度、KOSEN’sでは高専生のインタビューを募集しています。ぜひインタビューにご協力ください。

応募はこちら

高専でこんなこと頑張った、うちの高専こんな所変わっている、高専及びに高専生に一言もの申したい方はインタビューに答えていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>