東京高専・電気工学科にインタビュー

スクリーンショット 2013-10-18 2.49.30

インタビューについて
高専名: 東京高専
学科: 電気工学科
現在: 大学院生

なぜ高専に入りましたか?
やっぱり就職率100%+大学への裏口入学(?)もあるという安定の進路実績があったからですね。それと学生寮があったというのも大きかったです。

高専の時に一番頑張った事と頑張った内容はなんですか?
ものづくり。

高専はとにかく技術的・創作的な活動ができる場が非常に多いので、部活・委員会・文化祭などでいろいろなモノをつくってきました。
高専で作ってきたモノは、自動車の走行ロガ—・ネットワーク機器・水を使った電気回路シミュレータなど様々です。これらの経験は後で得ようと思ってもなかなか得られないものだと思います。やるなら高専にいるうちでしょうね。

高専の授業で印象に残ったものと授業の内容を教えてください。
数学の講義ですね。
コンピュータを使って視覚的に線形代数を教えてくださった先生の講義があったのですが、それだけで大学の講義をカバーできるような深い講義でした。
出身高専が周りの高専と違う部分を教えてください。
どうやら東京高専は留年の判定が厳しいようです。
私の学科で留年せずにストレートで卒業できたのは定員の半数だけでした。
全国の高専もしくは高専生にもの申したいことを教えてください。
ものづくりには学科を超えた交流が効果的です。これだけでできることの幅がグッと拡がります。学科の壁を超えて友達を作り、ものづくりに励んでください。


この度、KOSEN’sでは高専生のインタビューを募集しています。ぜひインタビューにご協力ください。

応募はこちら

高専でこんなこと頑張った、うちの高専こんな所変わっている、高専及びに高専生に一言もの申したい方はインタビューに答えていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>